• ホーム
  • いいね!増加!スマホでクオリティが高い写真の撮り方

いいね!増加!スマホでクオリティが高い写真の撮り方

2019年10月06日

インスタ映えする食べ物やスポットというのも増えて、同じケーキで多くの人が写真投稿していたりといった現象が起きています。そんな中でクオリティが高い写真を撮るにはどうすればよいのでしょう。プロが使うのは一眼レフですが、アングルや加工のやり方でスマホであっても一眼レフに負けない素晴らしい作品を作ることだって可能なのです。

あなたは複数のアカウントを持ち、食べ物や風景などそれぞれに統一感のある写真を投稿するように心がけているでしょう。更にはメッセージ性を持たせるとより良くなります。同じサンセットでも、ただ美しいからと撮るのではなくサンセットが終末を意味するものに感じる方もいれば、新しい一日を迎える前段階と前向きに捉える方もいるでしょう。メッセージ性を持って撮影し、それが見る人々に伝われば心を掴むことは可能です。

スマホで撮るのであれば、自然光に拘りましょう。自然光は照明やライトと違って違和感をもたらしません。ただし、直射日光のような強い光だと影が出やすいので難しくなります。初心者は窓にカーテンがあって優しい光が差し込むロケーションで撮影してみてください。

絵のコンクールで賞を取るものの場合、同じ題材であってもアングルや遠近法に拘っていることが多いです。下から見たり上から見たり、遠近法でワザと遠くの方から撮影したり、端が切れて大胆に一部だけを切り取ってみたり、そんな工夫で同じデザートを撮っていても違って見えるのです。

せっかく加工機能が付いているのですから使うべきです。特に初心者だと撮影するだけで思い通りの写真になることはほぼありません。必ず加工して洗練された状態に持っていくべきです。
たとえば、トーンを調整します。色調・明度・彩度というトーンを揃えていれば、それだけでも統一感は出てきます。ついつい入ってしまった余計な部分は取り除いてケーキだけに目が行くようにします。スタンプやコラージュも最大限に活用して、可愛らしさやお洒落さをアップしオリジナリティを出していくのです。複数枚の写真を組み合わせて1枚の画像にすることもできます。最新のスマートフォン・アイフォンXRだとポートレートモードが搭載されており、手前にある人物にピントを合わせつつ背景をたくみにぼかすことだってできます。この機能を使えばプロ並みの写真になり、余計なものが上手く誤魔化されるのでクオリティアップに繋がります。もちろん、更に拘りたいなら一眼レフやミラーレスカメラを使うことも考えてみましょう。